MENU

KURA cooking

2019.08.15

花火の町「袋井市」

静岡県の西部に位置する袋井市
小さい町であるにも関わらず、FIFAワールドカップを開催するエコパスタジアム、お雛様・花の寺として有名な曹洞宗の巨刹「可睡齋」、厄除け観音「法多山」、天皇の勅願時「油願寺」、蓮とききょうで有名な「香勝寺」等々がある、とても魅力的な街です。
今回、遠州の花火を見に行き、このような魅力的な街に出会うことができました。

まず、法多山へ。厄除けのお参りをした後で
とても体のことを考えて作ってある美味しくって愛情たっぷりの一乗庵「ごりやくランチ」をいただく。買い物に行ってそこにあるものを見て決めるランチメニューは、旬のものにあふれ、とってもオシャレ。

 

お腹は一杯になったが、腹ごなしの散策のあと「ごりやく団子」「ごりやく氷」も食べました。この団子は長細いものがくっついていていかだのよう。あんことよく合ってました。

まだ花火まで時間があったので「油願寺」へ。ここは眼病にいいといわれる寺でもあるので老化の進む目が少しでも良くなる良くなるようにお願いしました。天井に広がる龍・滝を見ながら山を登る。登って本堂についた時の爽快感は最高!

  

夜は待ちに待った花火、椅子席を予約しておいたので気分よく待つことができ、始まるまでの雰囲気を楽しみました。2万5千発の花火はクラッシック音楽に合わせたもの、映画音楽に合わせたもの、解説付きのもの・・・花火のレベルがとにかく高い。

あっという間の2時間でした。空中ナイアガラ・富士山、見事でした。

 
翌日も「可睡齋」「香勝寺」2つの寺巡り・御朱印をいただきながらいい気をいただきました。


11時になったので「さわやか」へ。ビックリ!この時間で97番。3時間待ち。
そこで
待つ間、行ったことのない御前崎へ足を延ばすことに。登れる灯台があったのでテンションがあがり、上まで登る。いい景色!

 
台風の時によくテレビで見る景色でした。
それから「さわやか」へ戻る。勿論、人気の炭焼きハンバーグを頼む。まん丸のハンバーグを席で切ってくれてソースをかけてくれる。牛肉100%はやっぱり美味しい。焼きたてパンも負けずに美味しい。


何より、ウェイトレスの笑顔・サービスがとてもよかった。
とても素敵な1泊2日の旅でした。感謝感謝です。
御朱印帳もあっという間に一杯に。新しいものを購入しました。

 

2019.08.09

蓮の田んぼ

 

蓮の花ってなんて優雅なんでしょう。
愛西市にある田島農園さんとのご縁をいただき、初めて蓮の田んぼに行くことができました。
蓮台という言葉を初めて覚え、今まで乾燥した蓮の実しか食べたことがなかったのに、生の蓮の実を蓮台から取り出し食べてみる経験もさせていただきました。

 

蓮の収穫の大変さ、肥料をどうするか?いろんなお話を、まだ横浜から嫁いで1年の奥様から聞くことができました。蓮の田んぼに愛情を注いでいるお姿に感動しました。
蓮の花・蓮の葉・蓮台を家に持って帰り、蓮の実ご飯・蓮の実の塩炒め・蓮の花茶・蓮の実の中に入っている新芽のお茶・蓮の葉茶を作りました。どれも自然の味。素朴で体にいいこと間違いなしです。

 

 

そしてもう一つ。蓮の葉は乳酸菌などが豊富。ヨーグルトもできますし。また水キムチを作ってもとても早くできます。
花を楽しんだあとは赤ちゃん蓮台をこんな風にアレンジしておくのも可愛い

蓮って本当に捨てるところなく使える素晴らしいものです!

このような感動をいただけたことに感謝の一日でした。

 

 

2019.07.15

頑張って~

突然の電話
数日後、海外留学に出発するという15歳の男の子のお母さんから
国際センタービルに置いてある、蔵クッキングのチラシがつないでくれました。

「いつか電話しようと思っていたんです」
とても嬉しい言葉から始まりました。

数日後、息子さんが、そこで和食を作りたいという思いを持って、料理を勉強しにお母さまと一緒に蔵クッキングに来てくれました。
海外で高校生活を送るという息子さん。
ホームステイしながらの生活にワクワクしている様子でした。

手まり寿司・照り焼きチキン・とんかつ・胡瓜ポテト・だしなし味噌汁・ういろう

そして試食のあとは
お抹茶体験。

お野菜を切る時・下味をつける時・お寿司を作る時・・・どんな時も真剣そのもの。

彼のまじめさが伝わってくるひとときでした。
帰宅してから早速、ういろうを作ってくれたそうです。
彼がどんな料理を海外の方々に作ってあげるのか、想像するだけで楽しくなります。
彼のことです、きっと全てに全力で頑張ることでしょう。
日本の岩倉から彼のことをずっと応援しようと思います。

2019.06.17

今日は梅の日

とってもいい香りが漂ってきました~
畑で収穫した梅を数日寝かせておくと、家の中がとっても甘い香りで一杯になります
そうなんです
これが、梅からのサイン
「早く早く~」って声が聞こえてきます
今日は一日、梅に付き合いましょう
梅ジャムを作り

 

梅シロップを作り

ホッテイーの塩で梅の塩漬けも・・・

 

10日後にはシソを入れる予定です
しばらく梅を楽しめるこの時期、幸せなひと時です

2019.06.15

今年も梅の季節がやってきました~
そしてそれは私の木登りの季節でもあります。
なななんと・・・
南高梅がこれでもか~
と鈴なりに!

枝に叩かれながら、傷だらけになりながらの収穫
7キロ

しばらくやすませて
選別して
梅ジュース・梅の甘酢・梅干し
の仕込みに入ります。
今年も美味しく変身すること間違いなし!

カテゴリ
体験プログラム-Experience Program
レシピ-recipe
イベント-event
日常-every day
口コミ-reviews

TOPへ戻る